家紋の由来
 トップページ   HOME 
紋章(家紋)は平安時代の公家たちが、衣服や牛車、調度品などに祖先が用いた 紋様をしるしたのが始まりだと言われています。鎌倉時代には敵と味方を区別するためと、個人の戦功評価の目印として紋章を使用し、やがて戦国時代に武士の数が急増するにつれて、自己を誇示のため 多種多様な図柄が乱造された
江戸時代に武士が支配する様になって、乱作された紋が整理され、格式高く、美しい形となり、家紋として武士達の日常生活で、ハカマや紋付き小袖に用いられた。この頃から町人たちも紋付きを着ることが流行し、芝居の役者たちの紋をまねたり、自分勝手に好きな紋を選んで付けていたようです。

家紋の種類は苗字の数より多いと言われております。 一つの苗字でも、本家・分家・別れ家・新家等本家と区別するために本家の家紋の一部を変形させたり付け加えたり、葉の図案ならば葉脈の本数を増やしたり減じたり、といろいろです。
終戦前には家の玄関の頭上あたりに祭堤灯を入れる箱がつるされており、その箱の側面にその家の家紋が書かれていたものです。 最近は核家族化がすすみ家の紋も墓地へ出向き其の家の墓石を見ないとわからないような世の中です。