赤鳥(あかとり)
今川赤鳥

紋章の赤鳥は動物の鳥ではなく、昔の器具の「垢(あか)取り」の当て字である 。
ただし、この「垢」は身体の垢を取る道具ではなく、ご婦人が使う櫛の垢を取る化粧道具の一つでした。

 赤鳥紋はこの垢取りを紋章化したものです。
赤鳥紋は織田信長に桶狭間で大敗した今川氏の家紋だったことであります。
今川氏が赤鳥紋を用いたのは古書「難太平記」によれば、建武四年(1337年)の赤坂の戦のおり 富士浅間宮に神拝のときに自陣の笠印に悩んでいたのを神女から、「女の具は戦に縁起が良い」との神託あり、勝ち戦の後、「まことに神の御謀と信を取り給い、我も子孫も必ず此の赤鳥を付け申すべく・・・・」とある。
  そのころから この紋がはじまったようです。 赤鳥紋は櫛のような歯があって、上部に紐を通すための穴が開いてる。 使用家は今川氏にゆかりのある氏のようです。